• HOME
  • アイアイブログ
  • Notice: Undefined variable: sep in /virtual/htdocs/hon/wordpress/wp-content/themes/template_01/plugin/pankuz/pankuz.php on line 30
  • 世界アルツハイマーデー

世界アルツハイマーデー

 

こんにちは。元浅草アイアイ薬局です。

本日9月21日は、世界アルツハイマーデーです。

 

世界アルツハイマーデーとは?

いったいどんな日なのかといいますと、

 

世界アルツハイマーデー(9月21日)は、国際アルツハイマー病協会(ADI)が認知症への理解をすすめ、本人や家族への施策の充実を目的に1994年に制定。今年は第25回目に当たります。また9月を世界アルツハイマー月間として世界各国で啓発活動を行っています。

認知症の人と家族の会webサイトより引用

 

記念日を中心に、認知症に関するイベントや、テーマカラーであるオレンジ色のライトアップが全国各地で行われています。
東京都内では、損保ジャパン日本興亜本社ビルなどがあります。

出典:SOMPOホールディングス

 

認知症ってどんな病気?

アルツハイマー病は、認知症の一種です。
認知症とは、脳の働きが低下し、仕事や生活に支障をきたす病気のことをいいます。
記憶、理解、思考、判断など認知能力の低下が起こり、言動や態度に変化が起こることもあります。

厚生労働省の調べによると、2010年では65歳以上の高齢者の約8%が認知症であり、今後さらなる増加が見込まれています。

日本では、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症が3大認知症といわれています。なかでも、アルツハイマー型が最も多いことが知られています。

アルツハイマー型とレビー小体型は、脳の神経細胞が減少する病気です。根本的な治療方法としては研究段階であり、現在のところ症状の進行を抑えるお薬での治療が行われます。

血管性認知症は、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの結果として起こるため、それらの原因となる高血圧や脂質異常症を治療することが予防へとつながります。

 

認知症への対応

病気になる前にできていたことができなくなったとしたら。ご本人にとってもお世話をするご家族や周囲の方々にとっても、日々の戸惑いやお辛い気持ち、お悩みがあるかもしれません。
できないことに目を向けるのではなく、できることに目を向け、どうすれば居心地よく過ごせるか、困らないように、できる範囲で工夫することが大切だといわれています。

 

サポーターとして

元浅草アイアイ薬局では、認知症の患者さんやご家族に安心してご来局いただけるよう、認知症を正しく理解し、お気持ちに寄り添い、医療人としてサポートさせていただきます。
不安やお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。